イチロー 262安打を打った2004年シーズン後半の打率

イチローが、MLBの年間最多安打数となる262安打を記録したのは2004年。

今シーズンの前半、そのときのイチローの安打ペースを上回っている打者がいるそう。

レッドソックスのザンダー・ボガーツ選手。

74試合終了時点で108安打を打っています。

2004年のイチローは103。

これを見ると、「おぉ〜、イチローを抜くのか?」なんて思ってしまいますが、そう簡単な話でもない様子。

というのも、2004年のイチローは後半も打ちまくって、75試合目以降の打率は.418だったのだとか。※
(安打数は159)

4割超えどころか、4割2分近く・・・

あの年のイチローはやはり神がかり的だったんですな。

(※)あとでデータを見て計算してみましたところ。
380打数の159安打。
打率は.41842・・・となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする