Chromeプライバシーエラー 接続は完全には保護されていません(NET::ERR_SSL_OBSOLETE_VERSION)

Chromeでこういった画面に↓

接続は完全には保護されていません

このサイトでは古いセキュリティ設定を使用しています。このサイトにパスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報を送信すると流出する恐れがあります。

NET::ERR_SSL_OBSOLETE_VERSION」

といったメッセージです。

エラーの理由

この原因は、

閲覧しているサイトのTLSバージョンが古い

ということのよう。

TSLは、SSLの後継プロトコル。

暗号化通信のプロトコル(規格)です。

サイトのTLSバージョンの確認方法(ブラウザ)

Chromeだと、対象のサイトの上にマウスポインタを置き、

Ctrl+shift+I(もしくは、右クリック→検証) → Security

で見ることができます。

TLSバージョンの確認方法(Chrome)

TLSバージョンの確認方法(Chrome)

TLSバージョンの確認方法(Chrome)

サイトの対応TLSバージョンの確認方法

そのサイトが、どのTLSバージョンに対応しているかの確認は、以下のところなどでできます。

こちら→https://www.ssllabs.com/ssltest/

結果が表示されるまでには、少し時間がかかります。

「Configuration」のところで確認ができます。

このブログだと、次のようになっています。

TLS1.3とTLS1.2に対応していることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする