銀行融資担当員 相手を見るポイント

いま読んでいる本に出てきたのですが、銀行の融資課の人は、お金を貸すかどうかを判断するために、相手のことをじっくりと観察されるようです。

遅刻はやはりダメ。
(ルーズだと思われてしまいます)

部屋への入り方とか、挨拶のやり方、ファッション、警備の方への態度などいろいろなところが見られているようです。

そうやって、きちんとした人かどうかを見ているんでしょうね。

今後も真っ当に長期的に稼ぎ続けることができ、きっちりと返済を行っていく人なのかどうか、と。

読んでいて、「何だか就職・転職活動のようだな」と思いました。
自分は就職・転職活動のとき、筆記試験や面接だけでなく、そういったマナーにも極力注意を払うようにしていました。
「会社の入口を出た後、その後ろ姿をオフィスの窓から見られている」「面接前の控え室の様子もすでにチェック対象と思え」といった感じで・・・

あと、個人へではなく、会社への融資の場合には(銀行融資課の方は)トイレをチェック
するそうです。

住宅ローンや事業資金のために銀行からお金を借りなければいけない、といった方は、とりあえずの取り繕いでもそういったポイントをおさえるようにするといいかも知れません。

本当は普段からの人としてのあり方・マナーを反省して改善するのがいいんでしょうけれど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする