SSL化後にワードプレスのアドレス変更したら、ログインできなくなった

このブログをSSL化(https化)しました。

それに伴い、ワードプレス管理画面の設定で、サイトURLを変更したところ

 ・

 ・

 ・

404 Not Found

と出てしまい、ダッシュボードにアクセスできなくなってしまいました。

く(“0”)>なんてこった!!

調べてみると、設定 > 一般 の

WordPress アドレス (URL)

のところに間違ったURLを指定してしまったからのよう。
(今回の自分の場合には、「wwwなし」のURL)

「WordPress アドレス (URL)」は、ワードプレスがインストールされている場所(URL)が書かれておらねばならず、安易に変えてはいけないところ

というのをよく知らず。

ふふ~んと、新規インストール時のようにサクサクっと書き換えてしまっていました。

「ダメなら戻せばいいや」なんて、軽い気持ちで。

しかし、それはNG行動で、間違ったのを書いてしまうと、ダッシュボードにアクセスできなくなってしまうようです。

でも、解決方法はありまして。

次のやり方で復活させることができました。

wp-config.phpで指定

ワードプレスの「wp-config.php」ファイルに、次の記述を書き込みます。

define('WP_SITEURL', 'ワードプレスがインストールされているURL');

そうしたら、無事にワードプレス管理画面が表示されました!


設定 > 一般 の「WordPress アドレス (URL)」のところは灰色っぽくなり、編集不可の状態になります↓

データベースの値を修正&wp-config.phpの記述を削除

そのままでも、いいのですけれど。

■データベースには、間違ったURLが書き込まれているまま
■ワードプレス管理画面の「WordPress アドレス (URL)」は編集できない状態
となってしまっています。

元のように戻しておこうと、データベースの値を変更し、wp-config.phpに書いた記述を削除しておくことに。

データベースにログインし「wp_options」をクリック

option_nameの項目がsiteurlとなっているところを探して「編集」をクリック

option_valueに間違ったURLになっていると思うので、正しいものにして「実行」ボタンを押す

これで、データベース内の値は修正完了です。

wp-config.phpの記述を削除

「wp-config.php」に書き込んだ、

define('WP_SITEURL', 'ワードプレスがインストールされているURL');

を削除します。

そうすると、ワードプレス管理画面の「WordPress アドレス (URL)」が再び編集できる状態になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする