どんどん焼き

どんどん焼きというと、1月15日あたりにダルマや門松やらを焼く行事しか思い浮かびませんでしたが。

食べ物でもあるんですね。

ピンクのどんどん焼き↓

なんか写真だとハムみたいですが、(生地は)小麦粉で作られていると思われます。

富山県の氷見祇園祭の屋台で売っていました。

1つ200円。

食べてみたところ、生地はだいぶもっちり。

はしで割ってみたところ↓

具は、種類はそれなりに入っているようでしたが、量はそれほどでもなく。

お腹を満たすのではなく、軽いおやつ的なイメージかと。

(クレープみたいな)

味は、お好み焼きとかもんじゃとか、そっち系でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする