じゃがいもの皮むき アルミホイルでやってみた

じゃがいもの皮むき。

普段はピーラーを使ってやっています。

でも、アルミホイルでやることもでき、簡単というのをネットで見ました。

実際にやってみることに↓

アルミホイルを丸めてこするといいようです。

アルミホイルの表と裏ってどっちなの?という方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらの面も基本的に同じです。

参考記事↓
アルミホイル 表裏

そのままゴシゴシとしてもダメな様子↓

水をつけながらやるのがいいみたいでした。

その後は、キッチンのシンクで水をつけたり、アルミホイルを取り換えたりしながらゴシゴシとこすっていきました。

結果



結構キレイに皮が取れました。

でも、思ったより時間がかかりました。

初めてだったこともあると思いますが、1個のジャガイモの皮を取るのに、15分~20分くらいかかったような。

ほかにもイマイチなところ(デメリット)を感じたので、今後はまたピーラーに戻ると思います。

アルミホイルでのじゃがいもの皮むきでデメリットと思ったこと

■時間がかかる
■アルミホイルを消費する
■手に匂いがつく(石鹸で2~3度洗っても、まだ匂います)
■なんとなくだが、(アルミホイルでこすったものを食べて)健康上問題がないのか、不安になった
■最終的な仕上げには、ピーラーや包丁が必要そう(芽のぶぶんとか)

ただ、次のようなことがメリットとして考えられるので、いいと思う方はやってみるのもいいのではないでしょうか。

アルミホイルでのじゃがいもの皮むきでメリットと思ったこと

●じゃがいもの形が残るような感じで皮を取ることができる
●(じゃがいもの身の)ロスが少なくて済む
●無心になれるかも(写経、座禅的な?)

先週のホンマでっかTVで、レンコンの皮をむくプチ技としてアルミホイルを使う方法が出ていました。

レンコンだともっとササッと剥けるのかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする